【ネタバレ・画像】銀魂1期「20話」のあらすじ・感想

【ネタバレ・画像】銀魂1期「20話」のあらすじ・感想

【ネタバレ・画像】銀魂1期「20話」のあらすじ・感想

アニメ銀魂1期シーズン其ノ壱20話「ベルトコンベアには気を付けろ」のあらすじ・感想(ネタバレ含む)です。

 

 

 

蚊の多い夏の夜、真選組の隊士たちは怪談話しをしていた。
隊士稲山が語るその怪談話しは、真夜中の寺子屋に
赤い着物を着た女の幽霊が現れるというものだった。

 

その幽霊が本当に真選組屯所にも現れる。
半分以上の隊士が倒れ、みんな「赤い服を着た女」とうわ言の様に口にしていた。
本当に隊士たちは幽霊に襲われたのか?

 

見えない影に怯える近藤は、拝み屋を雇ってこの事態を解決しようとする。
しかし、山崎が連れてきた拝み屋は、胡散臭い3人組だった。

 

 

いきなり土方さんの

 

 

「マヨネーズが足りないんだけどォォォ!!」

 

 

から始まり、怪談話をしていた隊士たちビビりまくり、近藤さんは気絶。
マヨネーズが切れて、焼きそばにかける分が足りないという土方さんに、

 

 

「もう、十分かかってるじゃねーか」

 

「なんだよコレ!もう焼きそばじゃねーよ
黄色い何かだよ!」

 

 

と、隊士に言われ、ぐちぐち言いながらも諦める土方さん。
部屋に戻るとまさかの不気味な声と音が…!
慌ててふすまを開けると、そこにはローソクを頭につけた総悟君が登場。
何もなかったような顔をしてごまかす総悟君に、

 

 

土方「何してるんだ、てめぇ、こんな時間に」

 

沖田「ジョ、ジョキング…」

 

 

土方「嘘つくんじゃねぇ!そんな頭で走ったら頭火だるまになるわ!
儀式だ!俺を抹殺する儀式を開いていただろう!?」

 

 

そう叫ぶ土方さんの見えない木に
土方さんの写真付き藁人形が。
しかも

 

 

沖田「本当に自意識過剰なお人だ。そんなんじゃ、
ノイローゼになりますぜ?」

 

 

と、いう総悟君の後ろに回した手には
金づちと五寸釘を持っていて、確実に抹殺しようとしていました。
そんな総悟君にキレ、言い合いをしていた土方さんが
何かを見つけた瞬間、

 

 

「ぎゃああああああ!」

 

 

という隊士の叫び声が!
真選組ではここ数日、隊士たちが謎の幽霊に襲われる事件が起き、
山崎さんが幽霊を祓ってもらうために「拝み屋」を雇うのですが
それがまぁ万事屋だったわけです。
詐欺商売した事がバレちゃったので、木に吊るされて

 

 

「次回から「真選組血風帳」スタート!みんな絶対見てくれよな!」

 

 

と、凄く爽やかな笑顔で宣伝するという
ドSッぷりを本領を発揮した総悟君。
今度は、まじめに話を進める土方さんを、銀さんとからかい始めます。

 

 

銀さん「えっ なに?おたく幽霊なんて信じてるの?
いたたたたた、いたいよぉお母さん。ここに頭怪我した人が居るよぉ!」

 

土方「お前、いつか殺してやるからな」

 

沖田「まさか、土方さんも見たんですかい?赤い着物の女」

 

土方「分からねぇ…だが、妙なものの気配は感じた。あれは多分、人間じゃねぇ」

 

銀さん&沖田「いたたたたた、いたいよぉお父さーん!絆創膏もってきてェェ!!
できるだけ大きなぁ、人一人包みこめるくらいのぉ!」

 

土方「お前ら、打ち合わせでもしたのか!?」

 

 

何てドSコンビが土方さんで遊んでいたら、
トイレに行った近藤さんが次の犠牲者に!
やっぱり幽霊なのかと話していたら、
ふすまを破り、中でブルブル震える銀さん

 

 

沖田「何やってるんっすか?銀さん」

 

 

周りを確認して、

 

 

銀さん「いやっ、あの?ムー大陸の入り口が…」

 

沖田「旦那…あんたもしかして幽霊が…」

 

銀さん「なんだよっ?」

 

沖田「土方さん、こいつは…あれっ?」

 

 

今度は、土方さんが必死に壺に入ろうとしています。

 

 

沖田「土方さん、何をやってるんですかい?」

 

土方「や、あの?マヨネーズ王国の入り口が…」

 

 

冷めた目をして、3人帰ろうと後ろを向くと、
本当に現れた噂の幽霊!
3人悲鳴をあげて逃げ出す。
置いて行かれた土方さんと銀さん。

 

 

銀さん「ったぁーく、手の込んだ嫌がらせを」

 

土方「これだからガキは」

 

銀さん「引っかかるかってんだよ」

 

 

と言いながら後ろを振り向くと
押入れの上から赤い着物の女が…!

 

銀さんを心配する神楽に、2人のことはもう忘れろと言う総悟君。

 

でも、めちゃめちゃ必死な顔で幽霊を背負って、
猛スピードで走る銀さんと土方さんが。
新八、神楽、総悟君は蔵に逃げ込む。

 

そして、新八がなんとなく扉を見ると、扉の隙間から
赤い着物の女と目が合ってしまう。

 

混乱した新八が、2人に頭を下げろと髪の毛を鷲掴みして
何度も床にぶつけて謝っていたら居なくなっていた…。
一方で、

 

 

銀土「っうるせぇって言ってるんだよ。ブンブンよぉ」

 

 

と、言いながら池の中から出てきた土方と、
草の茂みに隠れていた銀さん。
ちょっとした物音で、2人同時に池に飛び込んだら
物音の正体はカエル。

 

見え見えのごまかしをする2人が言い合いの途中で、
声がする方の空を見ると、赤い着物の女が飛んでいて、
あまりの恐怖に声が出ない銀さんと土方さん。

 

赤い着物の女の顔、物凄く怖いです!

 

でも実は、赤い着物の女は地球で言う蚊みたいな天人で、
子供を産むために血を求め、男だらけの真選組に来た
というオチでした。

 

最後は、銀さんと土方さんが報酬のことで言い合いになり
そこに神楽が登場。

 

 

神楽「銀ちゃんそろそろ帰…おっ、何やってるアルか2人とも」

 

銀土「いや、コンタクトを落としちゃて」

 

 

と、ごまかす2人。
幽霊系が苦手なんて意外だったけど、可愛らしかったです。

 

 

以上、【ネタバレ・画像】銀魂1期「20話」のあらすじ・感想でした。

 

次回、「銀魂1期「21話」のあらすじ・感想」も乞うご期待!

 

⇒銀魂作品・関連情報のまとめはこちら!


更新履歴