【ネタバレ・画像】銀魂1期「16話」のあらすじ・感想

【ネタバレ・画像】銀魂1期「16話」のあらすじ・感想

【ネタバレ・画像】銀魂1期「16話」のあらすじ・感想

アニメ銀魂1期シーズン其ノ壱16話「考えたら人生ってオッさんになってからの方が長いじゃねーか! 恐っ!!」のあらすじ・感想(ネタバレ含む)です。

 

 

 

公園で昼間から暇そうにしている長谷川に神楽が声をかける。
一時の勢いでハタ皇子を殴り、入国管理局を首になった長谷川は、
まるでダメなオッさん、略してマダオ街道まっしぐらになっていた。

 

切腹を命じられ、夜逃げしようと家に戻るとマダオにはついて行けないと
手紙を残して逃げられてしまう。

 

そんな長谷川が沢山のモノを失い唯一得た友人が
パチンコ店で仲良くなった銀時だけだった…。

 

 

今回は「マダオ」こと、長谷川さんの再登場の回ですね!

 

まずは、公園にいる神楽と長谷川さんの会話でスタートなのですが、
相変わらずの毒舌な神楽のセリフに泣けました(笑)

 

 

神楽「おじちゃーん」

 

長谷川「なんだい」

 

神楽「おじちゃんは、なんでいつも昼間からこんなとこにいるの?」

 

長谷川「それはねぇ、仕事首になっちゃったからだよ」
神楽「ふーん…」
神楽「おじちゃんはどうして仕事首になっちゃったの?」

 

長谷川「それはねぇ、一時のテンションに身を任せたからだよ。
お嬢ちゃんも若いからって、後先考えずに行動しちゃだめだよ。
人生てのは長いんだから。」

 

神楽「おめーに言われたくねーよ!人生負け組が!
じゃーなー、まるでダメなおっさん。略してマダオ」

 

 

キツイです!
長谷川さんじゃなくてもポッキリ心が折れちゃいますね。

 

それから、職を探して転々とするのですが上手くいかず、
マダオ、マダオ言われ続ける長谷川さん(笑)
スナックお登勢では

 

 

「大丈夫じゃないお客。略してマダオだよ!」

 

 

と、お登勢さんに言われ
スナックスマイルでは、お金ないという長谷川さんに笑顔で、
ドンペリを注文するお妙さん(笑)
そのことにツッコむと、

 

 

「この世に及んで往生際が悪いのはまともに抱かれたくない男。
略してマダオですよ。」

 

 

と、言うお妙がいきなり登場した近藤を笑顔で殴るのをみて、
ドンペリを注文したり、真選組に桂さんの仲間だと間違えられて
取り調べされて、

 

 

「全くだませない男系。略してマダオだ。」

 

 

と、沖田に言われる。
さらに、結局関係ないと分かると、
身ぐるみ剥がされて外に放り出されるという…。
散々で可哀想すぎました。

 

そんなとき、銀さんに

 

 

「バカ野郎。なんでもグラサンのせいにしてるんじゃねぇよ。
つまずき転んだのを、石のせいにした所で何か変わるか」

 

 

と、殴られ、なぜかグラサンをとる決心をして、
就職の面接に行くと採用されて、タクシー運転手に。

 

上手くいっていたのに、そこでまたまたハタ皇子の登場。
長谷川さんのタクシーに乗っていた銀さんが、
巻き込まれたくなくて逃げようとしたら

 

 

「おっさんを1人にしないで」
「おっさんは寂しいと死んじゃうんだよ」

 

 

と、叫ぶ長谷川さんに

 

 

「ハムスターか」

 

 

と、ツッコむ銀さんに笑えました。
長谷川さんのグラサンへのこだわりは並大抵じゃなから、
物凄い決心をしたんでしょうね(笑)
この後

 

 

「どっかで会ったことあるかのぉ?」

 

 

と、いうハタ皇子に
顔を変える銀さんと長谷川さんが面白かったです。

 

そして、最後はまた一時のテンションで、
マダオに戻ってしまう長谷川さんなのでした。

 

 

以上、【ネタバレ・画像】銀魂1期「16話」のあらすじ・感想でした。

 

次回、「銀魂1期「17話」のあらすじ・感想」も乞うご期待!

 

⇒銀魂作品・関連情報のまとめはこちら!


更新履歴