【ネタバレ・画像】銀魂1期「50話」のあらすじ・感想

【ネタバレ・画像】銀魂1期「50話」のあらすじ・感想

【ネタバレ・画像】銀魂1期「50話」のあらすじ・感想

アニメ銀魂1期シーズン其ノ弐50話「節目節目に気合を入れ直せ」のあらすじ・感想(ネタバレ含む)です。

 

 

 

アニメ銀魂も遂に放送二年目に突入!
なにはともあれ二年目なのだが、これで『とりあえず一年は安泰』とは思えない銀時たち万事屋一行。

 

思い起こせば色々あったこの一年。
高視聴率を期待されつつ始まった放送であったはずが、フタを開けてみれば苦難の連続だった。

 

二年目に突入するこの節目に際し、銀時はやっておく必要がある『やるべきこと』を提案した。

 

 

最終回はテコ入れ。
各自、これから銀魂をどんなアニメにしていくのか提案をします。

 

まず神楽は新八と結婚するという話から始まり銀さんと運命的な出会いをし
なぜか戦いに巻き込まれ宇宙でロボット大戦に発展する
完全にガンダムな話になって行き偉い人に怒られるので却下。

 

 

 

次は、お登勢さんとキャサリンの番。
遅刻遅刻というベターなシーンから始まり、実は
「2人はタマキュアシルバーソウル」で戦う美少女だったという
無理のある案を出す2人‥。速攻却下になりました。

 

 

 

次はさっちゃんのアイディア。
サスペンスホラーで一人ずつ殺害されていくという
話し。銀さんさっちゃんに鞭で打たれています。
でも銀魂自体が危うくなるので却下。

 

 

 

次はお妙さんの番で意外にもアドベンチャー系の案。
もちろん主人公はお妙さんです。
でもワンピース、ブリーチ、ドラゴンボール、
ドラクエのパクリで偉い人に銀魂が握りつぶされそうなので却下。

 

 

 

次は長谷川さんの話で、涙なしでは見られない
感動ストーリー「MADAO」
意外にも銀さんたちも乗り気?だったがマダオが却下。

 

 

 

そして、いつのまにか万事屋に来ていた桂。
桂もストリート系という意外な話で、そこでカツラップを披露するので夢が
ダンスなのかと思いきや、なぜかタカラヅカの娘役という展開になり却下。

 

 

 

そこに、桂が万事屋に潜伏しているという情報をききつけた真選組もやってきて
真選組も色々とアイディアを出します。

 

まず土方は外国のコメディ風料理番組で
マヨネーズの美味しい料理を紹介します。でも皿にマヨネーズを出し、
その上にマヨネーズをさらに乗せるというもの。妄想だけで終わりましたが。

 

 

 

次は近藤で、ラブストーリー系の話。
「ローマの休日」「アダムとイブ」の話で主役は近藤。
もちろんお妙にボコボコにされてしまい却下。

 

 

 

次は沖田のアイディア。なぜか心理攻撃で攻めてきて
みんな大混乱になってしまいます。

 

 

 

その時、なぜかハタ皇子が現れ
ハタ皇子が主役のジャングルの王者風の案を出します。
万事屋3人が猿、近藤が像、土方がヒョウ、沖田がキリン
の役をしています。でも役が気に入らないと却下されます。

 

 

 

結局、みな自分の作品を押し通そうと最後はもみ合いになり
銀さんが止めに入ります。
最後はエンディング2連発でごまかし
エリ―の中の人(監督)がまとめて
最終回となったのでした。

 

 

以上、【ネタバレ・画像】銀魂1期「50話」のあらすじ・感想でした。

 

他にも、「【ネタバレ・画像】アニメ銀魂1期のあらすじ・感想まとめ」も掲載しているのでよろしければ閲覧してくださいね。

 

⇒銀魂作品・関連情報のまとめはこちら!


更新履歴